Officeデータ印刷のご注意|印刷なら横浜のシュービ

印刷のことなら横浜のシュービ。スピード・低価格・送料無料。
FSC(森林認証制度)・
品質ISO9001・情報セキュリティISO27001認証取得

(フリーダイヤル)0120-041-559

【受付時間】 9:30~18:00(日曜・祝祭日除く)TEL 045-471-7707 FAX 045-471-7708

Officeデータ印刷のご注意点

色調や体裁の変化にご注意ください

Office系アプリケーションデータは商業用印刷向けデータに変換することで、印刷を可能にしています。予期せぬ色調や体裁の変化の原因はこの変換にありますが、残念ながら現在、これを完全に防ぐことはできておりません。そこで、変換後のデータのご確認やお客様PC環境での変換をお願いしております。

Officeデータ入稿時のチェックポイント

データ変換で起こる体裁変化の一例

事例1 画像の回転処理による体裁変化

Office系データで配置した画像に回転を掛けると、体裁が崩れる場合がございます。

オブジェクト等の色の変化

ページの最上部へ戻る

事例2 オブジェクト等の色の変化

Office系データのカラーモードRGBを、商業向け印刷のカラーモードCMYKに変換すると色調の変化が起きることがあります。明るく鮮やかな色ほど変化が大きいようです。

オブジェクト等の色の変化

■弊社にて色修正も承っております。データ修正料金(1,500円~)。
※オブジェクトによっては修正が不可能な場合もあります。

ページの最上部へ戻る

事例3 特殊効果の無効化

特殊効果は、モニターやお客様のプリンタ出力で正常に再現されていても、商業印刷では機能が無効化する場合があります。

特殊効果の無効化

ページの最上部へ戻る

事例4 フォントによる体裁変化

弊社のPC環境に無いフォントをご使用されている場合、他のフォントに置き換えられます。
また弊社のPC環境で開くと文字が欠けてしまうこともあります。

フォントに置き換わりによる体裁変化

ページの最上部へ戻る

その他 体裁崩れではないのですが・・・

紙端の印刷について

「余白無しで紙端いっぱいまでの印刷」の場合、仕上りラインから3ミリ程はみ出した「塗り足し」と呼ばれる部分が必要となります。Office系のデータは、その「塗り足し」を確保することができませんので、「塗り足し」をつくるにはデータ変換後にDTPソフトにて修正の必要があります。

※ドキュメントサイズ一杯にデータを作成しても、紙端いっぱいまでの印刷にはなりません。

余白無し印刷に必要な「塗り足し」は確保されません

■余白無し印刷をご希望の場合
弊社にて修正を行うことが可能です。ドキュメント全体を拡大して印刷いたします。
ドキュメントの端から3~5リ程断ち落としますので、紙端の文字や写真の配置にご注意ください。
縦横の断ち落とし幅は均一になりませんので、予めご了承ください。修正料金(片面/1,500円)

ドキュメントサイズが合っていない場合も修正、または再入稿が必要となります。

再入稿が必要な例
再入稿が必要な例

お客様がOffice系アプリケーションにて制作なさったデータのイメージを元に、制作も承っております。お気軽にご相談ください。デザイン制作はこちらから

ページの最上部へ戻る

お問い合わせ

弊社では「こんな印刷は扱っているのか」「いくらでできるのか」など、印刷のよきご相談相手になれればと考えています。商品、ご注文方法、データについて等、お気軽にお問い合わせください。

  • ご注文前のお問い合わせ
  • ご注文後のお問い合わせ
  • 資料請求
  • お見積り
  • 印刷会社をお探しの方
お問い合わせはこちら

印刷のことなら横浜の印刷会社 シュービ

シュービは1981年に横浜市で創業した印刷会社です。部数やご用途に合わせて、さまざまなご提案をいたします。
印刷に関わったことが無いお客様にも、安心してご利用いただけるよう万全のサポートを心掛けております。弊社では「こんな印刷は扱っているのか」「いくらでできるのか」など、印刷の相談相手になれればと考えています。小型カードや後加工の必要なものなど価格表にない商品もできるかぎり対応いたします。用紙見本等の手に取ってご覧いただける見本もご用意しております。
また、ISO9001(品質)とISO27001(情報セキュリティ)の認証を取得しており、品質の管理・向上と情報の適切な保護に努めております。お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

印刷のことなら横浜のシュービ
印刷なら横浜のシュービ
シュービは1981年に横浜市で創業した印刷会社です。