データ作成ガイド|印刷なら横浜のシュービ

印刷のことなら横浜のシュービ。スピード・低価格・送料無料。
FSC・ISO9001・ISO27001認証取得

(フリーダイヤル)0120-041-559

【受付時間】 9:30~18:00(日曜・祝祭日除く)TEL 045-534-0303 FAX 045-540-0809

データ作成ガイド

完全データをお作りいただくために

シュービでは、多くの方に便利にお使いいただけますよう、データ作成のためのご案内を用意しております。ご希望の納期にお届けするためにも是非ご利用ください。

シュービでは、お客様より「完全データ」をご入稿いただき、そのままのデータで印刷工程へ進めさせていただいております。「完全データ」とは印刷に障害等不備の無いものを言います。

ご入稿後に不備が見つかりますと、お客様による修正・再入稿が必要になり、ご希望の納期にお届けできなくなることがございます。

本ガイドをご利用いただき、データのご確認を頂くことをお願いいたします。
アプリケーションごとのポイントはこちらをご覧ください。

  • テンプレートダウンロード

印刷サイズ(mm)

A1 594 × 841 B1 728 × 1,030
A2 420 × 594 B2 515 × 728
A3 297 × 420 B3 364 × 515
A4 210 × 297 B4 257 × 364
A5 148 × 210 B5 182 × 257
A6 105 × 148 B6 128 × 182

濃度オーバーに気をつけよう

画面イメージ

CMYKの塗りの総量が大きくなると裏移りの原因となります。
裏移りとは、重ねた状態の印刷物に断裁歯の圧力が掛かった際、表面のインキが剥がれ、裏面に転写されてしまう現象のことです。
CMYKの総量は、280%以下(上質紙の場合は190%以下)をお勧めします。

 

ご入稿データのカラーモードについて

カラーの場合はプロセスカラー(CMYK)、モノクロの場合はグレースケールまたはモノクロ2階調にてデータを作成してください。
上記以外のカラーモードでのご入稿の場合は、当社基準に基づいたプロファイルにて印刷用のカラーモードに自動変換させていただきます。尚、カラーモード変換後の色調補正等は行っておりませんので、適切なカラーモードでのご入稿をおすすめいたします。

 

※当社のカラーモード変換のシステムは技術更新等により、予告無しに変更いたします。再版等、同じデータでの印刷であっても同じ色が再現されるとは限りません。
※データ上で特色を使用している場合も、すべてプロセスカラーに変更してご入稿ください。特色のままのご入稿の場合は、弊社のシステムにてカラーモードを自動変換させていただきます。色見本等に合わせての色調整等はいたしておりません。

RGBカラーとCMYKカラー

モニターはR(レッド)・G(グリーン)・B(ブルー)で表現されていますが、印刷はC(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)で表現します。
モニターの方が色の領域が広いので、印刷に置き換えた際に、にごった感じになります。
特にOffice系のデータは色の再現が難しいです。

RGBカラーとCMYKカラー

 

ページの最上部へ戻る

塗り足しと文字切れについて

印刷後に仕上がり線にそって断裁する際に生じるズレにより、「紙端に白が出てしまう」「紙端の文字が切れてしまう」などの現象が起きてしまいます。
紙端に白を出さないためには、背景色を仕上がりサイズより3mm大きく作成します。これを「塗り足し」と言います。また、文字が切れないようにするためには、仕上がり線よりも3mm以上の余裕があるようにレイアウトしてください。

※ご希望に応じてのデータ修正や制作も承ります。お気軽にご相談ください。

余白無し印刷に必要な「塗り足し」は確保されません

ページの最上部へ戻る

自動オーバープリント(スミノセ)設定について

弊社では、お客様が設定したデータを優先して印刷してまいりましたが、2011年2月1日入稿分より、K100%のオブジェクトに対してオーバープリント(スミノセ)処理を出力時にRIP側で設定することにいたしました。(現在、多くの印刷会社でこの設定を取り入れています。)
これにより、版ズレが起きた際のかすかな白い隙間の発生を軽減し、きれいな印刷になります。しかし、オーバープリント(スミノセ)処理をすることにより、制作者様の意図せぬ状態になる場合があります。

※K100%以外のオーバープリントは全て強制的に無視されますので、ご注意ください。
※画像など(ビットマップデータ)は処理されません。また、仕様により処理されない場合もございます。

 

オーバープリントの効果

カラー印刷はCMYKの4版を重ね合わせて行いますが、ほんの僅かな各版のズレが目立ってしまうことがあります。(図1)
この現象を自動オーバープリント設定をすることで、解消できます。(図2)

図1 オーバープリント(スミノセ)処理をしない場合
※ノックアウト(ケヌキ)
文字のバックは白く抜けます
ケヌキの場合、バックの白がほんの僅かに出てしまうことがあります
図2 オーバープリント(スミノセ)処理をした場合
※オーバープリント(ノセ)
バックの色の上に文字を乗せます
オーバープリント設定すると白が出ません

オーバープリントの弊害

自動オーバープリントの設定は、データ上でオーバープリントの設定をしていなくても、K100%のオブジェクトに対してオーバプリントをかけるため、下記のような弊害が起こる場合があります。

注意点 例1 画像が透けて見えてしまう
黒の文字がK100%の場合、バックの画像が透けて見えてしまいます。
この場合、K100%以外の色を設定することにより解消されます。
注意点 例2 文字の色に違いが出た
大きな面積のベタがある場合、両者の違いが気になることもあります。
リッチブラック(より深みのある黒)にすることで、目立たなくする。
K100%以外の色を設定することにより解消されます。
ただし、わずかな隙間が気になる場合があります。

 

ページの最上部へ戻る

リッチブラックについて

より深みのある黒を表現したい場合、K100%だけでなく他のCMYの3色を適量重ねることをお勧めします。
当社推奨値は上限はK100%・C50%・M40%・Y40%・総量280%(コート紙)、K100%・C30%・M30%・Y30%・総量190%(上質紙)です。これ以上濃くしますと、インキの乾燥が悪くなり裏移りなどのトラブルの原因になります。

失敗例1 印刷時のズレが気になる
小さな文字、細い線などをリッチブラックにすると
印刷時のズレが気になります。
ページの最上部へ戻る

出力見本

弊社では、ご入稿いただいたデータは、必ずデータチェックを行ってから印刷に進めております。その際、いただいたデータが印刷ご希望のデータに相違ないか、出力見本と照らし合わせての確認も行います。(細部までのチェックや校正は行っておりません。予めご了承ください。)
完成データのスクリーンショット・JPEG・プリントアウト等を、出力見本として、FAXやメールまたはご入稿データと一緒にお送りください。

Officeデータの場合

画面イメージ

1. 印刷プレビューを選択した後、「Alt」+「Print」キーを同時に押し、プリントスキャンを取ります。

2. Win付属に入っている「ペイント」または画像ソフトにペースト(「CTRL」+「V」キー)し、保存します

 

Illustratorデータの場合

画面イメージ

1. メニュー内のデータ書き出しの選択で、直接jpg画像を作成することができます。

 

ページの最上部へ戻る

PDF入稿のご注意

データ作成前にデータのチェックをしよう!

□フォントはすべて埋め込んでください。

□ご注文のサイズで作成してください。

□1色のものは、グレースケールで作成してください。

□セキュリティの設定は、しないでください。

□IndesignからのPDF書き出しは、データの作成手順を参考に作成してください。

Adobe Illustrator

データ作成前にデータのチェックをしよう!

□トンボはトリムマークで作成してください。
(CMYK各100%で線のポイント数は0.3ポイントで)

□塗り足し分(ドブ)を必ず天地左右に各3mm作成してください。(図1)

□塗りで作った線は画像で見えても、印刷できません。線で作成してください。(図2)

画面イメージ

□RGBからCMYKに変換してください。

□色情報でCMYKの合計が280%以内ですか?

□リンク画像のファイル名に重複が無いようにしてください。

□Illustrator9.0~CCで作成される場合、「書類設定内(またはドキュメント設定)内の「透明」を以下の設定にしてください。

 □[Illustrator9.0の場合] 「プリント・データ書き出し」内の「画質/速度」を「高画質/低速」にしてください。

 □[Illustrator10.0の場合] 分割設定」内の「ラスタライズ/ベクトル」を「100」にしてください。

 □[IllustratorCSの場合] 「書類設定」内の「透明」で「カスタム」からラスタライズ/ベクトル設定を100にしてください。

 □[IllustratorCS2CCの場合] 「ドキュメント設定」内の「透明」で「カスタム」からラスタライズ/ベクトル設定を
100にしてください。

データ入稿前にデータのチェックをしよう!

□Illustratorの文字はアウトライン化。

□文字を打った時の余分なアンカーポイント(孤立点)は削除。

□Illustrator8.0で画像をリンクしている場合は、リンク画像も一緒に入稿してください。

□Illustrator9.0~CCをご使用の場合、画像は必ず埋め込んでください。

□AIでのご入稿を強くおすすめします。

□バージョンをまたいだり、保存時に下げたりしないでください。

□出力見本も必ず一緒に入稿してください。

  • テンプレートダウンロード
  • データ入稿
ページの最上部へ戻る

Adobe Photoshop

データ作成前にデータのチェックをしよう!

□Photoshopデータの解像度は原寸で300~350dpiで作成してください。

□RGBからCMYKに変換してください。

□色情報でCMYKの合計が280%以内にしてください。

□1色のものは、グレースケールで作成してください。

□塗り足し分(ドブ)を必ず天地左右に各3mm作成してください。

□EPS・PSD・PDFで保存してください。

□出力見本も必ず一緒に入稿してください。

  • テンプレートダウンロード
  • データ入稿
ページの最上部へ戻る

Windows Microsoft Officeのご注意点

Microsoft Office等のアプリケーションは、商業印刷向けではありませんが、弊社ではデータを専用変換処理システムにて、印刷可能なデータに変換・出力致します。

Windows Microsoft Office印刷可能バージョン

Word 97 98 2000 2002 2003 2007(注意点
Excel 97 2000 2002 2003 2007(注意点
Powerpoint 97 2000 2002 2003 2007(注意点
一太郎 13 2006 2007
ラベルマイティ 10 11
パーソナル編集長 8

※windows7 に対応しております。

※Windows版/日本語版のみ対応

※Publisherは、現在対応しておりません。

※一太郎、ラベルマイティ、パーソナル編集長も対応しております。

ページの最上部へ戻る

お問い合わせフォーム

弊社では「こんな印刷は扱っているのか」「いくらでできるのか」など、印刷のよきご相談相手になれればと考えています。商品、ご注文方法、データについて等、お気軽にお問い合わせください。

  • ご注文前のお問い合わせ
  • ご注文後のお問い合わせ
  • 資料請求
  • お見積り
  • 印刷会社をお探しの方
お問い合わせはこちら

印刷のことなら横浜の印刷会社 シュービ

シュービは1981年に横浜市で創業した印刷会社です。部数やご用途に合わせて、さまざまなご提案をいたします。
印刷に関わったことが無いお客様にも、安心してご利用いただけるよう万全のサポートを心掛けております。弊社では「こんな印刷は扱っているのか」「いくらでできるのか」など、印刷のよきご相談相手になれればと考えています。小型カードやクレドカードのような小型カードなどの価格表にない商品もできるかぎり対応いたします。用紙見本等、手に取ってご覧いただける見本もご用意しております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。