InDesign CCからPDF書き出し|印刷なら横浜のシュービ

印刷のことなら横浜のシュービ。スピード・低価格・送料無料。
FSC(森林認証制度)・
品質ISO9001・情報セキュリティISO27001認証取得

(フリーダイヤル)0120-041-559

【受付時間】 9:30~18:00(日曜・祝祭日除く)TEL 045-471-7707 FAX 045-471-7708


InDesign CCからPDF書き出し

InDesignでのご入稿はPDF/X-1a・PDF/X-3・PDF/X-4形式のみとなります。
ここではPDF/X-4へ書き出しの手順をご説明いたします。
弊社ではAdobe APPE搭載RIPを導入しておりますので、PDF/X-4形式では透明効果も分割・統合しません。
inDesign CS6でのPDF/X-4形式の書き出し手順はこちら >>InDesign CS6

PDF/x-1aデータの作成手順(InDesign CCの場合)

STEP 1

書き出す前にドキュメント設定を確認します。特に綴じ方など確認してください。

画面イメージ

STEP 2

「ファイル」メニューよりプリフライトを選択します。
PDFに書き出す前にデータに問題がないかチェックします。

画面イメージ

STEP 3

ドキュメントに問題があれば、図のようにアラートがでます。
この場合は無効なリンク画像があります。

画面イメージ

STEP 4

問題のファイルを修正したら、「ファイル」メニューより「PDF書き出しプリセット」「PDF/x-4a-2008」を選択します。

画面イメージ

STEP 5

図のような画面が出ます。
左のメニューの「一般」では「見開き印刷」のチェックが消えていることを確認します。

画面イメージ

STEP 6

「圧縮」メニューは、特に変更する箇所はありません。

画面イメージ

STEP 7

「トンボと裁ち落とし」メニューでは「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」のチェックをOFFに、「裁ち落とし」の数値を天地・ノド・小口の数値を「3mm」に変更します。

画面イメージ

STEP 8

「色分解」メニューでは「カラー変換」「カラー変換なし」にします。
画面イメージ

STEP 9

「詳細」メニューでは「サブセットのフォントに対する割合」が100%になっていることを確認します。

画面イメージ

STEP 10

「セキュリティ」では特に設定はしません。

画面イメージ

STEP 11

「概要」メニューも特に変更はありません。

画面イメージ

上記手順で安全性の高いPDFデータが作成できます。

 

 

PDF/X-4とは

PDF/X-4は、PDFのバージョンが1.6。PDFの中で透明やレイヤーを使用出来る。透明効果をネイティブ出力(分割・統合しない)することで、文字の品質が向上。また、RGB運用の品質が向上するメリットもあります。

Adobe PDF Print Engineとは
Adobe PDF Print Engineは、透明効果など複雑なデザインやエフェクトを含むPDFファイルを、高速・高品質に出力する技術です。
特長
最終RIP直前まで一切変換しない=安定性が有る。
信頼性の高いPDFソフトプルーフが可能=モニターで最終処理と同様の処理結果が表示できる。

ページの最上部へ戻る

お問い合わせ

弊社では「こんな印刷は扱っているのか」「いくらでできるのか」など、印刷のよきご相談相手になれればと考えています。商品、ご注文方法、データについて等、お気軽にお問い合わせください。

  • ご注文前のお問い合わせ
  • ご注文後のお問い合わせ
  • 資料請求
  • お見積り
  • 印刷会社をお探しの方
お問い合わせはこちら

印刷のことなら横浜の印刷会社 シュービ

シュービは1981年に横浜市で創業した印刷会社です。部数やご用途に合わせて、さまざまなご提案をいたします。
印刷に関わったことが無いお客様にも、安心してご利用いただけるよう万全のサポートを心掛けております。弊社では「こんな印刷は扱っているのか」「いくらでできるのか」など、印刷の相談相手になれればと考えています。小型カードや後加工の必要なものなど価格表にない商品もできるかぎり対応いたします。用紙見本等の手に取ってご覧いただける見本もご用意しております。
また、ISO9001(品質)とISO27001(情報セキュリティ)の認証を取得しており、品質の管理・向上と情報の適切な保護に努めております。お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

印刷のことなら横浜のシュービ
印刷なら横浜のシュービ
シュービは1981年に横浜市で創業した印刷会社です。